錦糸町電マ風俗と昔の記憶

これは私が20歳を迎えた頃、錦糸町風俗を利用したときの話です。先輩に誘われ、とある居酒屋へ連れて行かれました。千葉の路地裏にある年季の入った居酒屋です。当時大学生だった私はサークルの飲み会くらいで酒を嗜んだことがある程度。先輩は、日本酒などの強めのお酒を注文し、私にも酒を煽ってきます。まぁそれだけなら良かったのですが、居酒屋の店長がなかなかの曲者でした。見た目は強面なのですが、話が面白く、人情深い方です。その店長も酒が進み、カウンター越しで一緒に酒を交わすことに。先輩は頻繁にこの居酒屋を利用するらしく、店長とは顔見知りなのですが、私と店長は初対面。酒が進むにつれて、徐々に距離が狭まり、話題はSEXに…。このとき二人は錦糸町風俗の女の子についても話していたように思います。慣れない日本酒を飲まされ、断片的にしか記憶がないのですが、店長が私に送った言葉は今でも覚えています。

「若いうちはガンガン行け!」若干20歳の私に、熱いエールを届けてくれました。「ガンガン行くとは?」その言葉を聞いても、いまいち真意が分かりません。「いいか、ボウズ、漢はヤった女の数で価値が決まる。だから、ガンガン行くんだ!特に若くて元気なうちにな。わしのように、チンポ勃たなくなったらおしめーだぞ!」 「けど、僕…、まだSEXしたことないんです…。そもそも女性の方と話するのも苦手で。綺麗な女性を目の前にすると、何を話して良いのか分からなくなるのです…。何か良い方法はないでしょうか…?」「なら、風俗へ行け!風俗なら金さえ払えば、いつでも女遊びが楽しめる!近くにある錦糸町の風俗が良いぞ」 「ふ、風俗!そんないかがわしいお店になんか行けませんよ…。なんか怖い人とか出てきそうで…。錦糸町の風俗って言われても」「わかってねーな、ボウズ、デリバリーヘルスっていうやつだよ。それを呼べば、おめーのザーメン臭え一人暮らしの家まで女が来てくれるんてもんだ!しかも錦糸町にある風俗だからすぐに遊べるぞ」「けど、僕、女性の方とお話するのが苦手で…。せっかく来てもらっても、幻滅されてしまいそうで…」「錦糸町の風俗嬢なんかと話す必要なんかねーよ。黙ってチンポ咥えてもらえば良いーんだよ!」「そ、そんな画期的なシステムがあったのですね!学校ではそんなこと誰も教えてくれませんでした!また、機会があればその錦糸町の風俗とやらに挑戦してみます!ほんとに今日は貴重なお話ありがとうございました!そろそろお勘定お願いします」「は?代金はいらねーよ!そんな金払うくらいなら、錦糸町の風俗呼んでこい!じゃあな!」「あ、ありがとうございます!」

そんな私は今では錦糸町風俗で電マを使って遊んでいます。

関連記事

五反田電マ風俗の活用法

東京電マ風俗と講座

日暮里電マ風俗とオナニー

五反田電マ風俗と想像

六本木電マ風俗とエロい嬢とのプレイ

錦糸町電マ風俗と合戦