東京電マ風俗と講座

電マが東京にいる風俗嬢の生命でありますならば、アナルバイブは前立腺マニアの生命であると言えましょう。まんこの上つき下つき等も、分相応に考えてディルドの形を考えなければなりませんが、ローターならまんこの大きさ、深さの形、いろどり等様々な要素に照らして「これはこのまんこにあわない」といったことはそれほどございませんので、料理に合わして調和を計ることはそれほど難しいことではございません。つまりローターは風俗狂いの容れものであると同時に、趣味の友達であるからであります。風俗嬢の外見整っていれば、プレイなんか何でもよい、射精感は変わるもんじゃないからと言うのは、くいものは味の善し悪し関係なく腹に入ってさえしまえば同じだという実用面だけを強調する議論と同じでありまして、畢竟、無理解から起こる暴論でありましょう。それにも拘らず、風俗のエッセイにもおもちゃやプレイの講座がありませんのは、片手落ちであるように考えられます。風俗遊びの講演、あるいは遊び方講習にも、ほとんどプレイが嬢の選び方と五分五分に講ぜられないのは、趣味の偏食でありまして、完全料理とは申し難いのではないかと思います。分相応、適材適所を常識として、料理と食器を工夫しますことは、充分研究してよいことであると、私は信ずる者であります。
話は違いますが、絵画のような独立した芸術でありましても、表装と表具という絵画のきものが要ります。その裂地(きれじ)もかぎりなく吟味されております。いわんやお料理のように独り歩きの出来ないものにおいてをやであります。幸いなことには、三百余年前より日本の茶道が充分研究を進めていることでもありますから、これを時代に合わして工夫しますことは、楽しみであり、栄養上の効果であり、あるいは経済であり、よりよくする能率であると考えるのであります。簡単ではありましたが、私のお話は、この概念だけを以て失礼することに致します。風俗でこんな素晴らしい体験をしたいなら東京で電マを遣える風俗がいいかもしれません。女の子のレベルも値段も言うことのない東京の美人風俗嬢が電マで感じる姿を見てスッキリしちゃいましょう。

関連記事

五反田電マ風俗の楽しみ方

電マを使える風俗が多い街

五反田電マ風俗の活用法

五反田電マ風俗と想像

日暮里電マ風俗とオナニー

鶯谷電マ風俗と本番への挑戦